ちょっと待った!!お豆腐湿布をするその前に

以前の記事で、子どもが高熱を出したときのお手当てとして、お豆腐湿布の作り方をご紹介しました。
soon 子どもが高熱を出したら、お豆腐湿布!

とても便利な湿布なのですが、乳児湿疹やアトピーなどの症状が出ているお子さんには、注意が必要かもしれません。

というのも、先日、アトピー症状が続いている三女に、お豆腐湿布を試したところ、アレルギー反応のようなものが出てしまったからです。

このページでは、そのときのことを、詳しくお話していきます。

発熱したので、まずはいつものキャベツ枕

先日、三女が風邪をひいてしまいました。お姉ちゃんたちが、幼稚園からいろいろ運んでくるのか、最近、よく風邪をひく三女です。

この日は、朝の時点で、38度ほどありました。その後も、熱はどんどん上がっていき、お昼を過ぎた頃には、39度を超えるまでになりました。

「よしよし。うまく発熱できたなぁ ほっとした顔」と思いつつ、三女の様子を、ちょこちょこ、観察します。手足の冷たさがなくなって、体全体が温まったのを確認したところで、いつものとおり、キャベツ枕を開始しました。

キャベツ枕については、こちらの記事をご覧ください。
soon 子どもの急な発熱にはキャベツ枕!

このときは、まだまだ、日中でしたので、抱っこしてもずれないように、タオルでキャベツ枕を固定しました。

頭全体が、キャベツで包み込まれています。

これなら、寝てても、抱っこをしても、いつでも、常に、キャベツ枕状態をキープできるので、おすすめですよ。

高熱になったので、お豆腐湿布へ変更

しばらくの間、キャベツ枕姿に、「ふっふっふ 猫2」と、していたのですが、なんとなく、体が熱い、というか、熱すぎる!副交感神経が優位になっていく夕方になる頃だから、また、熱が上がったかな…と、再度、熱を計ってみたところ、なんと、40度に達しているではありませんか 冷や汗2 (顔)

「うまく発熱しすぎだよぉ~げっそり (顔)」と、さずがに、焦った私は、キャベツ枕より強力なお豆腐湿布を開始することにしました。

固定されていたキャベツ枕をはずしたところ、頭を包んでいたキャベツで遊びはじめた三女。40度ではあるものの、ぐったりしているというよりは、少しだけ、余裕があるようです。汗もかいていたので、お着替えもしました。

はじめてのお豆腐湿布、開始です。

好奇心旺盛な次女も寄ってきました。

お豆腐湿布で、アレルギー反応が!

自分のおでこに何があるのか気になっている三女が、お豆腐湿布をさわり始めました。お豆腐湿布がずれるたびに、もとの位置に戻す私。

「さてさて、これで、お熱が下がっていくぞ。」と思っていたのもつかの間。なにやら、三女が、お顔を掻き始めました。

「あれれ?何か変だなぁ…うわぁ~おもいっきり掻きはじめた ふらふら

お豆腐湿布が原因だ!と思った私は、あわてて、お豆腐湿布をはずしました。

しかし、お豆腐湿布をはずした後も、痒みはおさまりません。

湿疹がなおって、きれいだったおでこが、みるみるうちに、真っ赤っかに。アレルギー反応特有の、赤いまだら模様がでてきました。

「痒いよぉ~泣き顔」と、訴えるかのように、掻きむしる三女。

何に反応したのだろう…?お豆腐は、いつも、離乳食で普通に食べていることから考えると、もしかしたら、小麦粉に反応してしまったのかもしれません。

我が家では、次女も三女も、いろいろなアレルギー持ちのようで、自分の体にあわない物に触れたとき、よくこの症状がでます。こうなってしまったとき、我が家では、急いで、お顔と体全体を、シャワーで洗い流すようにしています。

ですから、このときも、大慌てで、三女のお顔と体を洗い流すことにしました。

「40度超えているのに、お風呂とか大丈夫なのかな?! でも、これ以上、ひどくなる前に、洗い流さねば!!ごめんよ~ がく〜 (落胆した顔)」と、焦りながら、さささっとお風呂に入れて、お着替えをすませます。

少ししたら、アレルギー反応も落ち着いてきて、お顔の赤いまだら模様もなくなりました。「まったく、ママったら。もぅ~ダッシュ (走り出すさま)」と、言われているかのようです。

熱を計ったところ、39度台になっていました。まだまだ、お熱は高いため、再び、キャベツ枕を装着します。

赤ちゃんには、やっぱり、キャベツ枕がいいようです。

さいごに

乳児湿疹やアトピーの症状がでているお子さんは、食べ物によるアレルギーも持っている可能性があります。ですから、湿疹などの症状がでている間のお手当てについては、お豆腐湿布よりもキャベツ枕の方が安心かもしれません。

ちなみに、我が家の次女は、赤ちゃんのときに、乳児湿疹、アトピー症状が出ていましたが、今は、きれいなお肌をしています。食べ物によるアレルギーもいろいろあるのですが、年を重ねるごとに、アレルギー反応がでない食べ物が増えていっているところです。

先日、次女が風邪をひいて、お豆腐湿布をしたところ、特に、気になるアレルギー反応はでませんでした。

個人差があるので、確信的なことはいえませんが、次女の成長具合を見ていると、おそらく、三女も、湿疹が落ち着いて、2、3年、過ぎた頃には、お豆腐湿布も大丈夫になっているのではないかと、考えています。その頃になったら、また、お豆腐湿布を試してみて、その結果を、みなさまにご報告しますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です