植物油脂は不使用!なめらかでおいしいホワイトチョコレート

あなたが食べているそのチョコレート、もしかしたら、ただの砂糖と油の塊かもしれません。

チョコレートには、植物油脂が使われているものと、使われていないものがあることを、ご存知でしたか?

植物油脂を使うと、舌ざわりがなめらかなチョコレートができあがるのですが、このページでは、植物油脂が使われていないにも関わらず、なめらかで、おいしいホワイトチョコレートをご紹介します。

ご紹介するチョコレートは、原材料がシンプルで、生産者さんのこだわりが詰まった1品となっていますよ。

 

本格的なチョコレートの見分け方

本格的なチョコレートって、どんなものなのでしょうか?普通のチョコレートと、どう違うのでしょうか?

まずは、チョコレートの原料を見てみましょう。チョコレートの原料は、カカオ豆というものになります。このカカオ豆から作られる、カカオマスと、カカオバターが、チョコレートのもととなります。

あなたは、チョコレートのパッケージについている原材料を、見てみたことがありますか?

本格的なチョコレートの場合、原材料は至ってシンプルです。「カカオマス、カカオバター、お砂糖」といった感じです。

一方、ごくごく普通に大量生産されているチョコレートの場合は、たいてい、カカオマスやカカオバターの他に、「植物油脂、乳化剤、食品添加物」などが配合されています。

例えば、こちらは、中身のおもちゃが可愛すぎて、ついつい、子どもに買ってあげてしまうチョコレート菓子のパッケージになります。

原材料を見てみると、「植物油脂、砂糖、砂糖粉乳調整品、乳糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、脱脂粉乳、乳化剤香料」となっています。

カカオマス、ココアバターの他に、植物油脂、乳化剤、香料が配合されていますね。

ちなみに、原材料は、使われている量が多いものから書くというルールがあります。つまり、このチョコレートの場合は、カカオマスやココアバターよりも、植物油脂の方が多く使われていることがわかります。

もう1つ、例を載せてみますね。

こちらは、普通のチョコレートに比べて、少しだけ、お値段が良いチョコレートのパッケージの一部になります。

原材料を見てみると、「砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、植物油脂、モルトパフ、乳化剤香料、酸味料、着色料、膨張剤」となっています。

このチョコレートも、カカオマス、ココアバターの他に、植物油脂、乳化剤、香料が配合されていますね。

ただし、このチョコレートの場合は、先程のチョコレートと違って、ココアバターやカカオマスの方が、植物油脂よりも多く使われていることがわかります。

何が言いたいのかというと、安価な大量生産のチョコレートになればなるほど、カカオマスやココアバターよりも、植物油脂の方が多く使われる傾向にあるということです。植物油脂が、原材料名のどの位置に書かれているかで、チョコレートのお値段も、大体、見えてきたりしますよ。

mother
mother
一概には言い切れませんけどね…。

それでは、なぜ、普通のチョコレートには、植物油脂、乳化剤、食品添加物が配合されているのでしょうか?

その理由としては、カカオ豆の使用量を減らして、商品の価格を下げることが目的である他に、日本人好みのなめらかな食感にするためであったり、高温多湿な夏の日本の環境に合わせるためだったりします。なぜなら、カカオマスやカカオバターだけでは、チョコレートがとけやすいからです。

ある程度の価格で、大量生産をして、安定した商品を供給するためには、植物油脂、乳化剤、食品添加物が配合されている方が、扱いやすいということですね。

好みの問題もあるでしょうけど、できるなら、体に悪影響を及ぼす余計なものは、あまり摂取したくありませんよね。植物油脂といっても、どのような種類の、どのような質の油なのかもわかりませんし。

そんなあなたには、植物油脂、乳化剤、食品添加物がなるべく使われていない、本格的なチョコレートをおすすめします。

 

普通のチョコレートと、ホワイトチョコレートの違いは?

実は私、一般的なチョコレート色をしたチョコレートがあまり好きではありません。どちらかと言うと、苦手です。チョコレートを食べても、「美味しい」とは感じないので、チョコレートが主役のお菓子やケーキ類には、基本、手を出しません。

mother
mother
そうなんです。「美味しい」って思わないんですよ。

そんな私ですが、ホワイトチョコレートだけは好きで、

「美味しい 

って感じながら、食べることができます。

それでは、チョコレート色をしたチョコレートと、ホワイトチョコレートの違いは、何なのでしょうか?

その違いは、原材料にあります。

チョコレート色をしたチョコレートは、”カカオマス”と”カカオバター”の両方が使われているのに対して、ホワイトチョコレートは、”カカオバター”のみが使われています。

ここで、”カカオマス”と”カカオバター”の違いについて、見てみましょう。

先程もお話しましたように、チョコレートの原料は、カカオ豆というものになります。”カカオマス”も、”カカオバター”も、このカカオ豆から、作られています。

カカオマスは、カカオ豆全体から作られているのに対して、カカオバターは、カカオ豆の脂肪分のみから作られています。

カカオマスは、カカオ豆全体から作られていますので、チョコレート色をしていますし、チョコレート特有の苦味もあります。一方、カカオバターは、カカオ豆の脂肪分のみから作られていますので、白い色をしていますし、チョコレート特有の苦味はありません。

ちなみに、こちらが、カカオバターになります。ホワイトチョコレートの心地よい香りがしますよ。

ホワイトチョコレートが、色が白くて、チョコレート特有の苦味がない理由は、カカオマスを使わず、カカオバターのみから作られているからなんですね。

 

こんなに美味しいホワイトチョコレートがあるなんて!!

私は、これまでに、植物油脂が使われていない、ホワイトチョコレートをいろいろ食べてきました。その中で、最も美味しかった、そして、原材料も価格も絶妙だった、ホワイトチョコレートをご紹介します。

それは、こちらの六花亭さんから販売されているチョコレートになります。

六花亭さんといえば、北海道のお菓子として有名な”マルセイバターサンド”を販売している会社です。

そんな、六花亭さんから販売されているチョコレートは、全部で5種類あります。「ホワイトチョコレート」、「抹茶ホワイトチョコレート」、「モカホワイトチョコレート」、「ミルクチョコレート」、「ビタスィートチョコレート」の5種類です。

今回は、そのうち、私が特に好きな、「ホワイトチョコレート」と、「モカホワイトチョコレート」を、ご紹介します。

いずれのチョコレートも、植物油脂は不使用となっていますが、乳化剤(植物レシチン)と、食品添加物(香料)は配合されています。

 

ホワイトチョコレート

こちらが、六花亭さんのホワイトチョコレートになります。

パッケージのお花の絵は、六花亭さんならではの素敵なイラストになっています。

原材料は、「乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター、植物レシチン(大豆由来)、香料」となっています。

中身は、こんな感じになっていますよ。

可愛らしい真四角の大きさをしていて、表面は、凹凸のある、特徴的な形をしています。

模様に沿って、簡単に割れてくれるため、とても食べやすいです。好きな位置で、割ることができるため、ちょこちょこ食べたい人にも、おすすめです!

mother
mother
一枚は多すぎるので、私はいつも、ちょこちょこ食べしています(笑)

植物油脂が使われていないホワイトチョコレートを、いろいろ、食べてきた私が、自信を持っておすすめする、最高においしい、美味しさNo.1のホワイトチョコレートです。

 

モカホワイトチョコレート

こちらが、六花亭さんのモカホワイトチョコレートになります。

原材料は、「乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター、コーヒー、カカオマス、バニラビーンズ、植物レシチン(大豆由来)」となっています。

中身は、こんな感じになっていますよ。

私は、もともと、コーヒーが苦手で飲めません。コーヒー特有の苦味が、あまり好きではないため、コーヒー味がするものにも、あまり魅力を感じることはありません。

しかし、こちらのモカホワイトチョコレートだけは、特別です。

原材料に、コーヒーとカカオマスが入っているにも関わらず、コーヒー特有の苦さも、チョコレート特有の苦さも、ほとんど感じられず、めちゃめちゃ美味しい乳製品とココアバターの配合バランスが、絶妙なのでしょう。とにかく、めちゃめちゃ美味しいです!

コーヒー味がお好きな方はもちろんのこと、コーヒー味が苦手な方も、美味しく食べることができる、そんな1品となっています。

 

 番外編

参考までに、番外編として、変わった味のチョコレートをご紹介します。

こちらは、「六花亭」さんから販売されている、六花の森という商品になります。

箱の中身は、こんな感じになっていますよ。

原材料は、こちらになります。

写真にあるような可愛らしい3種類のチョコレートが、4個ずつ、合計12個のチョコレートが入っています。

右上の白色をしたチョコレートは、先程、ご紹介した、ホワイトチョコレートになります。

左上の赤色をしたチョコレートは、いちご味となっています。原材料は、「乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター、砂糖、乾燥苺、ヨーグルト粉末、植物レシチン(大豆由来)、香料」です。

下の黄色をしたチョコレートは、フルーツ味となっています。原材料は、「乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター、パッションフルーツ粉末、マンゴー粉末、植物レシチン(大豆由来)、香料」です。

ホワイトチョコレートが美味しいのは、言うまでもありませんが、いちご味も、フルーツ味も、これまた、美味しいお味をしています。

私的には、ホワイトチョコレートと、モカホワイトチョコレートが、だんとつに美味しいので、まずは、そちらから試してみて欲しいのですが、気が向いたときに、こちらの商品も食べてみると、また、違った至福の時間が過ごせますよ。

ご自宅で、お上品なおやつがしたいとき、また、大切な方へのちょっとした贈り物としても、おすすめな1品です。

参考までに

ご紹介した、「六花亭」さんのチョコレートは、アマゾンさんや楽天さんでも、お取扱いがありますので、興味のある方は、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です