卵アレルギーの娘もおいしく食べられるホットケーキ

卵アレルギーがあると、食べるものがいろいろ制限されて、大変ではありませんか?

特に、子どもが大好きな、甘くて美味しいおやつは、卵が使われていることが多いですよね。子どもに大人気のホットケーキも、そのうちの1つだったりします。

以前の記事で、卵が食べられない次女でも、おいしく食べられるホットケーキのレシピを、ご紹介しました。

子どもがいる家庭にこそ、おすすめしたいパルシステムこちらのページでは、パルシステムで買った食材を使って、実際に調理した例を、いくつかご紹介します。 お子さんのお弁当作りでお困りの方...

そのときのレシピで使っていた、パルシステムのホットケーキミックスが、このたび、新しくリニューアルされて登場することになりました。

このページでは、新しく発売されたホットケーキミックスが、以前のものと比べて、どのように変わったのか、ご紹介していきます。

卵を使わなくても、ふっくら、ふわふわのホットケーキが作れるレシピも載せてありますので、これまで、ホットケーキが食べられなかった、お子さんがいらっしゃる方は、ぜひ、参考にしてみてください。

ホットケーキミックスがリニューアルされて新登場

こちらは、2017年3月に配布された、パルシステムのカタログの表紙になります。

なんと、我が家で重宝していた、パルシステムのホットケーキミックスが新しくなって、登場するとのこと。

「あら、これは一大事だわ!!」と、カタログをよく読んでみると、トランス脂肪酸を含むショートニングを、原材料から抜いたと書いてありました。

また、国産小麦100%使用、アルミニウムを含むミョウバンや乳化剤は不使用という点については、今までと変わらず、そのままとも書いてあります。

せっかく、次女が気に入って食べることができていたので、「変わっちゃうの?!ありゃりゃ~」とも思いましたが、ショートニングが不使用になったという点は、気になったので、「これは、買ってみるしかない!!」と言うことで、さっそく、買ってみましたよ。

新しいホットケーキミックスは、ここが違う!

それでは、以前のものと、新しいものとでは、どこが違うのか、それぞれ、見ていくことにしましょう。

原材料の違い

まずは、原材料を比べてみます。

こちらは、以前のホットケーキミックスの原材料になります。

「小麦粉(小麦:国産)、砂糖、ショートニング(パーム油、米油)、ぶどう糖、食塩、膨張剤(重曹リン酸Ca、フマル酸、炭酸Ca)、香料」となっています。

そして、こちらが、リニューアルされた新しいホットケーキミックスの原材料になります。

「小麦粉(小麦:国産)、砂糖、ぶどう糖、食塩/膨張剤(炭酸水素ナトリウムリン酸二水素カルシウム、フマル酸、リン酸一水素カルシウム、炭酸カルシウム)、香料」となっています。

緑色で書いた材料、(ショートニング、重曹、リン酸Ca)が、なくなったもの、ピンク色で書いた材料(炭酸水素ナトリウム、リン酸二水素カルシウム、リン酸一水素カルシウム)が、新しく加わったものになります。

ショートニングは抜かれているけれど、ショートニングに変わる、何らかの油が入っているのだろうなぁと思っていたのですが、そういうものは全く、入っていません。つまり、基本的な材料としては、”小麦粉、お砂糖、ふくらし粉”だけということになります。

「これで、美味しいホットケーキができるのかな?」と、疑問に思いつつ、さっそく作ってみることにしました。

生地の違い

我が家で大切なことは、”卵が食べられない次女にも、美味しく食べられるホットケーキ”であることです。

ですから、ここでは、パッケージに書かれている、卵と牛乳が使われた、通常のレシピではなく、こちらの記事

子どもがいる家庭にこそ、おすすめしたいパルシステムこちらのページでは、パルシステムで買った食材を使って、実際に調理した例を、いくつかご紹介します。 お子さんのお弁当作りでお困りの方...

でご紹介した、卵を使わないレシピで、作ってみました。

材料(子ども2~3人分)

■ ホットケーキミックス・・・1袋
■ スキムミルク・・・大さじ2
■ お水・・・180cc

作り方

手順① ボールに、ホットケーキミックスを入れます。

手順② スキムミルクを加えます。

手順③ ホットケーキミックスとスキムミルクを、混ぜ合わせます。

手順④ お水を加えます。

手順⑤ よく混ぜます。

手順⑥ ラップをして、冷蔵庫で休ませます(時間がない場合は省略可)。

手順⑦ フライパンに、菜種油とバターを入れて、焼いていきます(我が家では、子どもが食べやすい大きさで焼くようにしています)。

手順⑧ 両面が焼けたら、できあがりです。

同じレシピで作ってみた結果、以前のものと、リニューアルされたものとでは、焼く前の生地に、大きな違いがありました。

写真では、わかりにくいかもしれませんが、リニューアルされたホットケーキミックスは、手順⑥で休ませたあと、びっくりするくらい、ふっくら感が増していて、ほわほわの生地になりました。

以前のホットケーキミックスの場合も、休ませると、ほわほわの生地になっていたのですが、リニューアルされたものは、より一層、ほわっほわしていました。

出来上がりの見た目の違い

それでは、焼き上がった、ホットケーキの見た目を比べてみましょう。

まず、こちらは、以前のホットケーキミックスで作った、卵なしホットケーキです。

そして、こちらが、リニューアルされた新しいホットケーキミックスで作った、卵なしホットケーキになります。

見た目のふっくら感は、リニューアルされた新しいホットケーキミックスの方が、以前のものと比べて、よりふっくらしている感じがします。

食べた感想

リニューアルされたもので作った、焼きたてのホットケーキを食べてみると・・・

「うん、美味しい!!」

ホットケーキミックスの原材料に、油が入っていないのに、美味しくできあがりました。

お味は、以前のものと比べて、さっぱり、シンプルなお味になりました。

リニューアルの告知があったカタログに、「素材の味を楽しめるよう、甘さや香料はひかえめ。さまざまなメニューにアレンジできます。」と書いてありましたが、その言葉がぴったり、あてはまるようなお味です。

我が家では、子どもたちに、何も言わず、リニューアルされたもので作った、ホットケーキを出してみました。

アレルギーがない長女も、アレルギーがある次女も、以前と変わらず、パクパク食べてくれました。どうやら、気づいていないもようです。

次女が、また、ホットケーキを食べられなくなったらどうしようかと思いましたが、よかった、よかった!!

ちなみに、以前のものは、冷めても、ある程度、おいしく食べることができていたのですが、リニューアルされたものは、冷めると、おいしさが半減してしまいました。

子どもに、美味しく食べてほしい場合は、やはり、焼きたてをあげるといいようです。

さいごに

私的に、もう少し、レシピを改善したら、もっと美味しいホットケーキができるかもしれないと感じましたので、これから、いろいろ、試してみようと思います。

卵を使わず、さらに、美味しいホットケーキができあがりましたら、また、皆さまに、ご紹介しますね。

「パルシステム」さんについては、こちらに詳しく書いてあります。興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞご覧ください。

パルシステム暦20年の主婦がパルのメリット・デメリットを本音告白!生協のパルシステムについて、いろいろな疑問をお持ちではありませんか? 「パルシステムって、実際、どんな感じなの?」 「どんな商品...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です