湿疹で悩んでいる方必見!美肌を手に入れるための秘訣

痒みを伴う湿疹や炎症、また、乾燥肌に悩まされている方は、1日でもはやく、どうにかしたい、どうにかしてほしいと、日々、考えていらっしゃることでしょう。私も、ひどい痒みに襲われていたときは、そうでした。
soon 産後湿疹?成人アトピー?かゆみに悩まされた6ヶ月間

もし、現在、何らかの不快な症状に悩まされているとしたら、それは、体にとって、いらないものが、たくさん溜まっていることを意味しています。今のままの生活習慣を続けていると、体には、老廃物や毒素がどんどん溜まっていき、現在、抱えている不快な症状が、さらに悪化してしまうかもしれません。

その不快な症状は、体からのメッセージですので、なるべく早めに対策する必要があります。

そこで、役に立ってくれるのが、「酵素」といわれるものになります。

酵素がたっぷり含まれている、生命力にあふれた、生きているお水を、積極的に摂取するようになれば、体の老廃物や毒素は、排出されるようになり、その結果として、症状改善につながっていきます。さらに、嬉しいことには、肥満も解消してくれるというおまけつきです。

このページでは、そんな酵素がたっぷり含まれた、生きているお水について、お話します。

なぜ、病気や肥満になるの?

私たちの体には、浄化する力、治癒する力、機能を維持する力というものが、もともと備わっています。別記事(soon 自然治癒力のこと誤解していませんか?)でもお話しましたが、私たちの体は、常に、健康でいられるように、働いてくれているのです。

しかし、体にとって、いらないものが入ってくるスピードと、体がいらないものを排出するスピードが、あわなくなってくると、体には老廃物や毒素が、どんどん溜まっていくことになります。

この排出されない老廃物や毒素によって、体は病気になったり、肥満になったりしてしまうのです。

そうならないためには、体にとって、いらないものの摂取を、なるべく減らすようにすること、そして、体に溜まっている老廃物を、積極的に排出するように心がけることが大切です。

体が必要としているものとは?

私たちの体は、70%がお水でできています。お水は、体にとって、必要不可欠なもので、とても大切な役割をしてくれています。

お水は、体にとっていらないものを、外に洗い流す働きをしてくれます。

体が必要としているお水が不足してしまうと、老廃物をすみやかに排泄することが難しくなり、その溜まった老廃物によって、いろいろな症状が現れてくることになります。

反対に、体が必要としているお水を十分に取ることができれば、老廃物の排泄もスムーズに行われるようになり、湿疹や炎症など、不快な症状の改善につながっていきます。

この体が必要としているお水というのが、先程、お話にでてきた、生命力にあふれた、生きているお水のことです。

生命力にあふれた、生きているお水とは?

生命力にあふれた、生きているお水とは、どのような、お水なのでしょうか?

それは、新鮮な生の果物や野菜に含まれているお水のことをいいます。果物や野菜に含まれているお水の中には、糖、ビタミン、ミネラル、酵素、抗酸化物質、ファイトケミカルなど、体にとって必要な、さまざまな栄養素がたっぷり含まれています。

これらの、さまざまな栄養素が、体にとって、いらないものを排泄するときに、とても役に立ってくれます。

どういうことかと言うと、この生命力にあふれた、生きているお水は、さまざまな栄養素を体に与えてくれたあと、体に溜め込んでいる老廃物を集めて、外に洗い流す働きをしてくれるのです。

なぜ、そのようなことが可能なのでしょうか?それには、生きているお水に含まれている「酵素」が関係してきます。

酵素とは?

新鮮な生の果物や野菜には、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれていますが、それに加えて、生命の源ともいわれる酵素が、豊富に含まれています。

酵素とは、人間、動物、植物など、生きているものすべてに存在していて、生きていくために必要な活動を、いろいろ行ってくれています。酵素がすべてなくなったとき、その生命体の命は終わります。

酵素は、大きく3種類に分けられます。1つは、食べ物に含まれている食物酵素、あとの2つは、体内で作られる消化酵素と、代謝酵素です。

体内で、一生の間に作ることのできる酵素の量は決まっています。若々しくエネルギッシュに生きるためには、体内にある酵素を、いかに節約して、効率的に使っていくのかが大切になってきます。

果物や野菜には、酵素がたくさん含まれているため、胃の中に入っても、体内にある自分の酵素をあまり使わずに消化することができます。つまり、新鮮な生の果物や野菜をたくさん食べると、自分の酵素を節約することができるのです。

ただし、果物や野菜に含まれている酵素は、48度以上の熱が加わると壊れ始め、54度で死んでしまいます。生命力にあふれた、生きているお水は、加熱されると、生きているお水ではなくなってしまうのです。

ですから、生命力にあふれた、生きているお水を、体内に取り入れたい場合は、熱が加わえられていない、新鮮な生の状態で食べることが大切です。

果物には生きているお水がたくさん含まれている

桃

果物は、成分の80~90%が、生命力にあふれた、生きているお水からできています。

果物は、自ら消化酵素を持っていて、熟したときには、既に、消化がすんでいる状態にあるため、体内に入ると同時に、ブドウ糖の形になってくれます。つまり、果物は、胃の中で、ほとんど消化される必要のない食べ物であるといえます。

消化される必要がないということは、消化のために体に蓄えられているエネルギーをあまり使わなくてすむということです。食べ物の消化には、かなりのエネルギーが必要なのですが、果物の場合は、その消化に使うエネルギーを節約できるというわけです。

この節約できたエネルギーが、壊れた細胞の修復や、老廃物の排泄に回ってくれるのです。

これは、ナチュラルハイジーンの基本的な考え方になります。ナチュラルハイジーンでは、食べ物の消化に使うエネルギーをできるだけ節約して、その節約したエネルギーを、体に溜め込んだ老廃物の排泄に回すという考え方が基本になっています。

ですから、果物は積極的に食べることを、おすすめします。ただし、果物の食べ方には、ルールがあります。そのルールさえ守れば、果物の恩恵を最大限に受け取ることができます。

果物の正しい食べ方のルール

果物は新鮮で熟したものを食べる

新鮮な生の果物に含まれる、生きているお水は、体に溜め込んだ老廃物を洗い流すお手伝いをしてくれます。

缶詰に入った果物や、煮た果物は、熱が加わっていて、生きているお水ではないため、老廃物を洗い流すお手伝いはしてくれません。むしろ、消化する必要があるため、体内にある自分のエネルギーを使うことになります。

果物は胃が空っぽの状態で食べる

果物に含まれる、生きているお水を、効率よく働かせるためには、食後のデザートとしてではなく、胃に何も入っていない状態で食べることが大切です。なぜなら、胃が空っぽの状態の方が、果物が、胃を早く通過することができるためです。

消化に時間がかかる他の食べ物のあとに、果物を食べた場合、果物は胃の中に留まってしまいます。そうすると、果物の糖が発酵して、胃の中にある、他の食べ物の消化まで妨げてしまいます。

危険・警告 (!) 果物には、繊維がたくさん含まれているため、血液中への糖の吸収は穏やかに行われます。食べ方のルールさえ気を付ければ、果物に含まれる天然の果糖で、太ることはありません。

搾りたてジュースで、生きているお水をたくさん飲もう

ジューサー:グレープ⑤

果物や野菜に含まれている、生きているお水を、効率よく、摂取するためには、ジュースにして飲むようにするといいです。もし、最大限に摂取したい場合は、低速ジューサーを使って、ジュースを作ることを、おすすめします。低速ジューサーについては、別記事にまとめてあります。
soon 低速ジューサー徹底解説!酵素たっぷりコールドプレスジュース

なぜ、ジュースにするといいのかと言うと、ジュースの場合、消化にあまりエネルギーを使わずにすむため、効率よく栄養素が吸収でき、また、老廃物の排泄に役立てることができるからです。

ただし、このジュースは、搾りたてのものに限ります。ビンや缶、ペットボトルやパックなどに入っている濃縮還元ジュースは、殺菌のために、加熱されていますので、老廃物の排泄には役立ちません。

搾りたてジュースの効果的な飲み方

搾りたてジュースの効果的な飲み方は、次のとおりです。

クローバー 胃が空っぽのときに飲むようにする。
クローバー ジュースは一気に飲まず、一口ずつ、唾液と十分に混ぜあわせながら飲むようにする。
クローバー 肥満気味の方は、果物よりも、野菜ジュースを飲むようにする。
クローバー 野菜ジュースが飲みにくい場合は、少量のりんごを加えるとおいしくなる。
クローバー ジュースを作るときは、できるだけ、低速ジューサーを使う。

まとめ

メモ 体に溜まっている老廃物や毒素によって、体は病気になったり、肥満になったりする。老廃物を排出したい場合は、生命力にあふれた、生きているお水を、積極的に摂取するとよい。

メモ 生命力にあふれた、生きているお水とは、新鮮な生の果物や野菜に含まれているお水のことである。このお水の中には、糖、ビタミン、ミネラル、酵素、抗酸化物質、ファイトケミカルなど、体にとって必要な、さまざまな栄養素がたっぷり含まれている。

メモ 果物や野菜には、酵素がたくさん含まれているため、消化にあまりエネルギーがかからず、体内にある自分のエネルギーを節約することができる。節約できたエネルギーは、壊れた細胞の修復や、老廃物の排泄に回ってくれる。

メモ 果物は、新鮮で熟したものを、胃が空っぽの状態で食べるようにする。

メモ 搾りたての果物や野菜ジュースは、消化にあまりエネルギーを使わないため、効率よく栄養素が吸収でき、老廃物の排泄に役立つ。

朝、起きたての胃が空っぽのときに、搾りたての果物や野菜ジュースを飲むようにすれば、体内に溜め込んだ老廃物の排泄に、とても効果的です。老廃物の排泄が、スムーズに行われるようになれば、湿疹や炎症を改善することにもつながっていきます。さらに、肥満の解消にも役立ちます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です