ちょっと時間ができたときは・・・

我が家の娘たちが行っている幼稚園では、毎日、お弁当があります。

できるだけ、毎朝、手作りしたいけど、朝は何かと、バタバタしがちなんですよね。朝食作って、お弁当作って、洗濯物干して、その合間に授乳して、子どもたちの身なりを整えて、自分の身なりも整えて・・・やること、い~っぱい

「手作りにこだわりたい!でも、朝のお弁当作りは、できるだけ楽したい!」という私は、ちょっと時間ができたときに、お弁当のおかず作りをするようにしています。

今日は、我が家の娘たちが大好きな、肉ボールと唐揚げのご紹介です。

肉ボールは、まとめて作って小分け冷凍!

子どもたちに人気なおかずの1つである、”肉ボール”。我が家の娘たちも、よく、食べてくれるおかずなので、お弁当にもぴったりなのですが、朝から、ねって、まるめて、味をからめて・・・なんてしていられませんよね。

そこで、私は、時間があるときに、まとめて作って、小分け冷凍するようにしています。

こちらは、鶏肉に、いろいろ混ぜ込んで、小さく丸めたものを、フライパンで焼いているところです。

両面に焼き色がついたら、調味料をからめて・・・

焦げないように、ぐつぐつ、ぐつぐつ。

肉ボールの完成 子どものお弁当用なので、こんなに小っちゃいです!

肉ボールが冷めたら、4つずつ、ラップして、冷凍室へ。

カチコチになった、冷凍肉ボールは、こんな感じになります。

「明日のお弁当に使いたいなぁ」と思ったときは、前の日の夜、寝る前に、これを、冷凍室から冷蔵室へ移動させておきます。そして、翌朝、解凍された肉ボールを取り出して、フライパンで、軽く温めるようにしています。

我が家は、できるだけ、電子レンジを使わないようにしています!

 

こちらが、肉ボールの入った、お弁当になります。

ちなみに、この日のメニューは・・・
■ 肉ボール
■ なすとピーマンの炒め物
■ かぼちゃの煮物
■ しらすと鮭の混ぜご飯
■ アンパンマンポテト(さつまいも味)

手作りにこだわりたいけど、朝から、作っていられない、そんな肉ボールも、あらかじめ作っておけば、朝、フライパンにフタをして温めるだけ!とっても、楽ちんに、1品ができてしまいます。

下味をつけておけば、あとは焼くだけ!

もう1つ、子どもに大人気のおかずである、”唐揚げ”。我が家の娘たちも、唐揚げが大好きです。そんなに好きならば、お弁当にも入れてあげたい!でも、朝から作ってはいられないというときに、私がしている方法です。

こちらは、とっても便利な、冷凍の鶏肉になります。

何が便利なのかというと、こちらの鶏肉、すでにカット済みの状態で冷凍されているのです。

これなら、必要な分だけ、取り出して、使うことができるため、少量だけしか使わない、お弁当作りに最適なんです。しかも、こちらの鶏肉は、「パルシステム」さんから販売されているものになりますので、品質もしっかりしていますよ。

「パルシステム」さんについては、こちら記事に、詳しく書いています。

https://hypersensitive-skin.com/lifestyle-7/

お弁当に使いたい分だけ、取り出して、自然解凍しておきます。我が家の場合は、2ブロックを取り出して、それを半分に切って使うようにしています。そして、日中でも、夜でも、時間ができたときに、下味をつけて、冷蔵室に置いておくだけです。

あとは、朝、片栗粉をまぶして、揚げ焼きにするだけです。

私の場合、小さめのフライパンに、気持ち多めの油を入れて、フタをして、片面3~4分ずつ、焼くようにしています。焼いている間は、朝ご飯の準備をすることができますよ。

こちらが、唐揚げの入ったお弁当になります。また、アンパンマンの登場です 猫2

ちなみに、この日のメニューは・・・
■ 唐揚げ
■ ちくわぶとしめじの煮物
■ ほうれん草としらすの炒め物
■ 鮭のフレークかけご飯
■ アンパンマンポテト(さつまいも味)

手作りにこだわりたいけど、朝の忙しいときに、最初から作っていられない、そんな唐揚げも、前の日に、下味をつけておけば、朝、粉をまぶして、フライパンで揚げ焼きするだけ!とっても、楽ちんに、1品できあがります。

参考までに

お弁当作りと並行して作っている、朝ご飯。我が家の朝ご飯は、主に、旬の果物となっています。

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらが、我が家の子どもたちが食べている朝ご飯になります。

子どもたちには、何種類かの果物に加えて、海苔巻きやおにぎりも、食べてもらっています。

そして、こちらが、私の朝ご飯です。

私の朝は、たっぷりの果物から始まりますよ。果物以外は、食べていません。

なぜ、朝は、果物なのかについては、こちらの記事に詳しく書いてあります。興味のある方がいらっしゃましたら、どうぞ、ご覧ください。

https://hypersensitive-skin.com/lifestyle-3/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です