関節のアトピーが目立つようになった時期(生後17か月~現在)

こちらの記事からの続きになります。
➜ 湿疹終盤―お顔の湿疹が終焉した時期(生後13~16ヵ月)―

 

手足の湿疹が目立つようになった1歳5か月

ほっぺたは完全にきれいになりました。ほんのりカサついてはいますが、湿疹や炎症が出ることは、もうありませんでした。

しかし、今度は、手、足、関節の湿疹が目立つようになってきました。

手には、プツプツした湿疹がまばらに出はじめました。

「今までとは、湿疹の種類が違うなぁ。」

そう感じていました。

プツプツした湿疹は、手のひらにも広がっていきました。

また、時折、手のちょっとしたところが、ぱっくり切れてしまうことが、何度かありました。

 

手足の湿疹が少しずつ落ち着き始めた1歳6か月

手の湿疹が落ち着き始め、プツプツした湿疹は見られなくなっていきました。

足首は、相変わらずです。

ひざは広範囲でカサついています。

 

関節の湿疹が続いている生後1歳7か月~現在

いま現在、関節の湿疹は、良くなったり、悪くなったりを繰り返しています。

たくさん寝て、

お姉ちゃんたちに、もてあそばれ、

やっと、ここまで来ました。( ↓ 帽子はお姉ちゃんのものです。)

ひざから太ももにかけてのカサカサが、広範囲に及んでいますが、

手足の湿疹も、もう少しだと思います。

 

おまけ

こちらは、今から、ちょうど、3年前、次女が1歳10か月のとき、湿疹が完治したことをご報告した際の写真になります。

そして、こちらが、現在、2歳2か月の三女になります。(←同じお洋服に同じポーズしてみました。)

まだ、完治報告とまではいきませんが、近々、次女と同じように、湿疹完治の報告ができることを確信しています。

次回は、この2年の間に試した、数々の自然療法のうち、効果があったもの、反対に、効果がなかったものについて、詳しくお話していきます。
➜ 乳児湿疹vs自然療法!まずは生活環境の改善から

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です