玄米が苦手なあなたにもおいしく食べられる分づき米

玄米が体に良いとは知っているけれど、「パサパサしていて、おいしくない。」、「毎日は、食べたくない。」、「自分は食べたいのに、家族が嫌がる。」、「やっぱり、白い色のご飯が食べたい。」と、なかなか、続けられずに、玄米を食べることを断念したことはありませんか?

もしくは、玄米を食べてみたいけれど、「白米から、いきなり、玄米に変えるのは抵抗がある。」と、躊躇してしまって、気にはなっているけれど、挑戦できずにいたりしませんか?

そんなあなたには、分づき米(ぶづきまい)が、おすすめです。

分づき米とは、玄米と白米の中間に位置するお米になります。見た目、食感、栄養も、玄米と白米の中間であるため、玄米と白米のいいとこ取りをしたようなお米といえます。

毎日、食べるお米だからこそ、おいしく食べれて、しかも、栄養豊富なものであったら、嬉しいですよね。

このページでは、そんな、分づき米について、お話します。

玄米、分づき米、白米の違いは?

玄米、分づき米、白米は、どのように違うのでしょうか?それぞれ、簡単に、ご説明しますね。

玄米

玄米とは、もみ殻を取った状態のお米のことをいいます。玄米には、食物繊維、カルシウム、ビタミン、ミネラルなど、体にとって必要な、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。

P1070839-1

分づき米

分づき米とは、玄米から、表皮を、ある程度、削ったお米のことをいいます。お米の生命力のもとである”胚芽”や、さまざまな栄養素が含まれている”ぬか”が、残っている状態になります。

5分づき

白米

白米とは、玄米から、すべての表皮を削ったお米のことをいいます。さまざまな栄養素が含まれている、胚芽やぬかは取り除かれている状態です。

白米

分づき米は、何がいいの?

分づき米は、精米の程度にもよりますが、胚芽やぬかが残っている状態にあるため、体にとって必要な、さまざまな栄養素が、豊富に含まれています。

例えば、玄米と白米のちょうど真ん中に位置する五分づきの場合、白米に比べて、カリウムが1.7倍、カルシウムが1.4倍、マグネシウムが2.8倍、リンが2.2倍、鉄が1.9倍、ナイアシンが2.9倍、葉酸が1.5倍、多く含まれています。

お米を、白米から分づき米に変えるだけで、毎日、これだけの栄養素を摂取することができるようになります。

こちらは、炊きたての分づき米の写真になります。

p1150330-2

見た目の色は、うっすら色付いた白米という感じで、お米の1粒、1粒に、茶色いプツンとしたものがくっついているのが特徴です。

お米の食感も、玄米より軟らかいため、抵抗なく、食べることができますよ。

精米の程度とは?

分づき米は、精米の程度によって、呼び方が変わります。

「三分づき」、「五分づき」、「七分づき」といって、数字が小さいほど、玄米に近くなり、数字が大きいほど、白米に近くなります。

精米の程度が低い、つまり、数字が小さい分づき米の方が、胚芽やぬかが多く残されているため、栄養価が高くなります。

それぞれ、簡単に説明しますね。

三分づき

玄米から、表皮を3割ほど、取り除いたお米になります。

胚芽やぬかが多く残るため、お米に含まれている、さまざまな栄養素を、体に取り入れることができます。

炊き上がりの食感は、玄米より軟らかく、見た目の色も、玄米ほど、茶色くはありません。白米に比べると、やや固さを感じるかもしれません。

五分づき

玄米から、表皮を5割ほど、取り除いたお米になります。

胚芽やぬかが、半分、残されている状態です。玄米と白米の、ちょうど真ん中に位置するお米になります。

七分づき

玄米から、表皮を7割ほど、取り除いたお米になります。

胚芽やぬかは、一部、残されている状態です。

炊き上がりの食感は、白米に近く、見た目の色も、白っぽいため、白米のような感覚で、食べることができます。

危険・警告 (!) いずれの分づき米も、炊く前に、2時間以上、お水に浸水させるようにします。また、炊くときは、白米よりも、気持ち多めの水分量で炊くようにすると、ふっくら、おいしいご飯に炊きあがります。

健康に気は使っているけれど、玄米は苦手という方の場合は、白米に近い、「七分づき」から試してみることを、おすすめします。また、分づき米が初めての方は、「七分づき」のお米と、白米を混ぜて、炊いてもいいかもしれません。

分づき米に慣れてくると、白米では物足りなさを感じるようになりますよ。

分づき米は、どうしたら手に入るの?

分づき米は、どうしたら手に入るのでしょうか?

我が家の場合は、家庭用精米器がありますので、玄米を買ってきて、自宅で、その日の好みの分づき米に精米して食べています。

ただ、分づき米を食べたこともない、気に入るかのかもわからないのに、いきなり、精米器を買うのは、考えものですよね。

そこで、おすすめなのは、お米屋さんに注文することです。お米屋さんによっては、玄米を精米してくれるところがありますので、分づき米が、どんなものなのか、試してみたい方は、ぜひ、注文してみてください。

参考までに、有機栽培、無農薬栽培で育てられた玄米が販売されているところを載せておきます。生産者さんによっては、玄米を分づき米に精米してくれるところがありますので、興味がある方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてくださいね。

soon 【ふるさと21】

1度、分づき米を食べてみて、「おいしい。これなら、続けられそう。」、「本格的に、分づき米を始めたい。」と、思われた方は、家庭用精米機を購入してもいいかもしれません。

なぜなら、家庭用精米機を使えば、いつも、新鮮なつきたてのお米が食べられますし、自分の好みや、その日の気分によって、精米の程度を変えることができるからです。

家庭用精米器とは?

家庭用精米器とは、自宅で玄米を精米することができる機械になります。業務用に比べて、安く、小型であることが特徴です。

家庭用精米器には、大きく分けて、「かくはん式」と、「圧力式」があります。

それぞれ、簡単に説明しますね。

かくはん式

かくはん式は、編み目状になっているカゴの中央に、羽根や棒のようなものがついていて、これが回転することで、お米の表皮を削っていく仕組みになっています。

精米するときに、お米が熱を持ちにくいため、お米の劣化が防げて、風味も落ちにくいです。ただし、お米とカゴが擦れあうため、どうしても、お米が欠けたり、割れてしまったりして、見た目、食感、味に影響する場合があります。

実家の両親が、かくはん式を使っていて、使っているところを見せてもらったことがあるのですが、安くて、コンパクトで、お手入れしやすいという印象でした。

圧力式

圧力式は、圧力で、お米同士を擦りあわせて、表皮を削っていく仕組みになります。

精米時間が短く、お米が欠けたり、割れたりすることもないため、見た目、食感、味への影響はありません。ただ、精米するときに、どうしても、お米が熱を持ってしまうため、劣化が起こりやすくなります。

参考までに、こちらは、我が家で使っている、圧力式の家庭用精米機になります。

精米器

毎日、食べる分だけ、精米するようにすれば、お米の劣化や酸化も防ぐことができ、いつも、新鮮でおいしい分づき米を食べることができます。

我が家では、子供が離乳食の時期には、子供の分だけ、白米に精米し、大人の分は、分づき米にして食べていました。

また、子供の成長にあわせて、精米の程度を変えていき、今では、子供も一緒に、5分づきのお米を食べています。

圧力式は、どのように精米が行われるの?

圧力式の家庭用精米器を使って、玄米から分づき米に精米するところを、ご紹介しますね。

我が家にある精米機は、とてもシンプルな構造になっています。精米の程度は、左側にあるレバーを切り換えることで、変えることができます。

精米器:レバー

まずは、上のフタを開けます。

精米器①

そこに、玄米を入れます。

精米器②

精米の程度を選びます。

精米器③

お米の分量にあわせて、タイマーを回します。

精米器④

精米が始まり、中央の穴に、玄米がどんどん吸い込まれていきます。

精米器⑤

精米が終わると、右側の引き出しには分づき米、左側の引き出しには削られた胚芽やぬかが、分かれて出てきます。

精米器⑥

分づき米の完成です。

精米器⑦

有機栽培で育てられた玄米であれば、こちらのぬかを使って、おいしい、ぬか漬けを作ることもできますよ。

精米器⑧

参考までに

ご紹介した精米器は、購入してから、7年ほどたっている商品のため、既に、生産が終了になっていました。

現在、販売されている、圧力式の家庭用精米器を、いくつか載せておきます。興味のある方は、参考にしてみてくださいね。

象印(ZOJIRUSHI)

山善(YAMAZEN)

タイワ精機

まとめ

メモ 分づき米とは、玄米と白米の間に位置するお米である。胚芽やぬかなどが残っている状態のため、さまざまな栄養素が含まれている。

メモ 分づき米は、精米の程度によって、「三分づき」、「五分づき」、「七分づき」と、呼び方が変わる。数字が小さいほど、玄米に近く、数字が大きいほど、白米に近くなる。

メモ 分づき米を、本格的に始めたい方には、家庭用精米器がおすすめ。お米の劣化や酸化も防げて、いつも新鮮なつきたてのお米を食べることができる。

お米は、毎日、食べるもので、ご飯の基本となります。玄米を食べることは難しくても、分づき米であれば、白米のような感覚で、お米に含まれている、さまざまな栄養素を取り入れることができます。

健康な体は、毎日のちょっとした積み重ねで、作られていきます。体にとって必要な栄養素がたくさん含まれている分づき米を、ぜひ試してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です