ラベンダーはちみつ:プロヴナンス・ナチュール

 生はちみつの情報

  • お花の名前:ラベンダー
  • はちみつの種類:単花蜜
  • 採蜜地:フランス
  • 販売元会社名:プロヴナンス・ナチュール

生はちみつの外観

真正面からみたとき

横からみたとき 

上からみたとき 

スプーンですくったとき icon-arrow-down

生はちみつのテイスティング

テイスティング時期:1月下旬、常温

見た目

  • 色:明るい ★ ★ ☆ ☆ ☆ 暗い
  • 結晶化:あり
  • 状態:全体的に、まだらに白っぽくなっている。表面が、少し泡立っている。

香り

  • 香りの強さ:弱 ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 強
  • 香りの種類:花粉、桜餅。

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 味の種類:桜餅
  • 甘味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 酸味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 塩味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 苦味:弱 ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 強
  • 味の持続性:弱 ★ ★ ☆ ☆ ☆ 強
  • 後味:ほんのり苦い

舌ざわり

  • 状態:やわらかい ★ ★ ★ ★ ☆ かたい
  • 結晶の粒子:細かい ★ ★ ☆ ☆ ☆ 粗い
  • 結晶の特徴:ざらざら

食べた感想

見た目の色は、黄みがかった白ベージュの色をしています。1月下旬で寒いこともあり、常温保存で、結晶化していました。

香りの強さは弱く、花粉と、和菓子の桜餅のような香りがします。

味は、香りと同様に、和菓子の桜餅のような味で、おいしいです。甘味、酸味、塩味は、ずべて、しっかり感じます。苦みは、あまりありません。後味は、ほんのり苦いと書きましたが、ごくごくわずかに感じる程度です。

soon ラベンダーはちみつ:板倉商店 さんのはちみつと、味が似ています。ただ、プロヴナンス・ナチュール さんのはちみつの方が、香りも味も、やや控えめです。ですので、ほんのり、桜餅感を味わいたい方には、プロヴナンス・ナチュール さんのラベンダーはちみつが、おすすめです。ただ、板倉商店さんのはちみつに比べて、結晶化がすごいです。

soon ラベンダーはちみつ:j.FRIEND and Co さんのはちみつとは、味も香りも見た目も、全く、異なります。同じ、ラベンダーはちみつとは、思えません。それぞれ、特有のおいしさがあります。どちらにしようか、悩んでいる方が、いらっしゃいましたら、参考までに。和菓子の桜餅がお好きな方には、フランス産のものを、アップルパイがお好きな方には、ニュージーランド産のものを、それぞれ、おすすめします。

スプーンですくったときのかたさは、やや、かためです。舌ざわりは、結晶化しているため、ざらざらします。ただ、結晶の粒子が、やや細かめなので、とげとげしい感じではありません。

危険・警告 (!) 結晶化した生はちみつは、湯煎して温めることで、もとのトロトロ状態に戻ります。
soon 結晶化した生はちみつはどうすればいい?栄養を壊さない湯煎の方法

このラベンダーはちみつは、今のところ、食べる使用のみになっています。結晶化がすごいため、どうしても、他のラベンダーはちみつに、手が伸びてしまいます。味は、おいしいので、他のラベンダーはちみつがなくなってから、登場頻度が増えそうです。

生はちみつのフェイスパック

こちらのラベンダーはちみつは、結晶化がすごいため、フェイスパックには、使っていません。湯煎も考えているのですが、せっかくの生はちみつですから、必要最低限以外は、なるべく、加熱したくないのが本音です。もし、今後、湯煎して、フェイスパックを試してみる機会がありましたら、その効果について、また、みなさまに、ご報告しますね。

この生はちみつは、どこで買えるの?

ご紹介した、ラベンダーはちみつは、今のところ、アマゾンさんと楽天さんでの、取り扱いがされていないようです。今後、取り扱いが、開始されましたら、すぐ、みなさまに、ご紹介しますね。

参考までに、私は、ランジュビオさんのこちらのページから、購入しました。フランスからの取り寄せになるため、送料は高いです。私の場合は、プラナロムさんのアロマ関係も一緒に購入したかったため、こちらから、購入させていただきました。