マヌカはちみつ:J.FRIEND and Co

 生はちみつの情報

  • お花の名前:マヌカ
  • はちみつの種類:単花蜜
  • 採蜜地:ニュージーランドのクラレンス・バレー
  • 販売元会社名:J.FRIEND and Co(ホームページはこちらです)

生はちみつの外観

真正面からみたとき icon-arrow-down

横からみたとき 

後ろからみたとき 

上からみたとき 

スプーンですくったとき icon-arrow-down

生はちみつのテイスティング

テイスティング時期:12月中旬、常温

見た目

  • 色:明るい ★ ★ ★ ★ ☆ 暗い
  • 結晶化:あり
  • 状態:明るい所と、暗い所のマーブリング状態。

香り

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ★ ★ 強
  • 香りの種類:花粉、薬草。

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 味の種類:薬草
  • 甘味:弱 ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 強
  • 酸味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 塩味:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 苦味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 味の持続性:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 後味:ほろ苦い、すっきり。

舌ざわり

  • 状態:やわらかい ★ ★ ★ ★ ☆ かたい
  • 結晶の粒子:細かい ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 粗い
  • 結晶の特徴:丸みのあるざらざら。

食べた感想

見た目の色は、キャラメル色をしています。12月中旬で寒いこともあり、常温保存で、結晶化していました。

香りの強さは普通で、甘い花粉のような香りと、薬草のような香りがします。別会社であるマヌカヘルスさんのマヌカはちみつと、薬草の香りは似ています。ただ、こちらのJ.FRIEND and Co さんのはちみつの方が、甘味のある薬草の香りがします。

味は、薬草のような味がします。甘さは控えめ、酸味はやや強め、塩味は普通です。また、苦味は、やや強めです。口に入れて少ししたら、酸味がきて、後半にかけて、苦味がやってくる感じです。後味は、ほろ苦いですが、すっきりです。マヌカヘルスさんのマヌカはちみつとは、味が、全く異なります。こちらの方が、ゆっくりですが、パンチの効いた味となっています。

マヌカはちみつ特有の薬草感を、堪能したい方には、J.FRIEND and Co さんのマヌカはちみつが、おすすめです。

もし、フルーティなマヌカはちみつを、堪能したいという方がいらっしゃいましたら、マヌカヘルスさんのマヌカはちみつがおすすめです。
soon マヌカはちみつMGO100+:マヌカヘルス
soon
 マヌカはちみつMGO250+:マヌカヘルス

また、甘味のある薬草感、後味のすっきり感を、堪能したい方には、ウェダースプーンさんのマヌカはちみつが、おすすめです。
soon マヌカはちみつ16+:ウェダースプーン

スプーンですくったときのかたさは、やや、かためです。結晶化していますが、結晶の粒子が細かいため、舌ざわりは、丸みのあるざらざらです。ただ、最後に、少しざらつきます。

危険・警告 (!) 結晶化した生はちみつは、湯煎して温めることで、もとのトロトロ状態に戻ります。
soon 結晶化した生はちみつはどうすればいい?栄養を壊さない湯煎の方法

マヌカはちみつは、抗菌作用があります。なるべく、自然派の健康を目指している私は、体調が思わしくないときのサポート用として、このマヌカはちみつを買いました。ですから、私は、このマヌカはちみつを、お料理やフェイスパックには使わず、スプーンですくって、なめる使用として使っています。

書いてある数値が大きくなるほど、抗菌作用も大きくなります。こちらのマヌカはちみつは、数値がついていませんので、なんとなく、調子が悪い場合に、なめることにしています。そして、ものすごく喉が痛いときや、風邪で調子が悪いときなど、症状が比較的、重い場合に、数値が大きいものを、なめるようにしています。

生はちみつのフェイスパック

こちらのマヌカはちみつは、フェイスパックとしては、使っていません。

この生はちみつは、どこで買えるの?

ご紹介した、マヌカはちみつは、今のところ、アマゾンさんと楽天さんで、取り扱いがあるようです。興味のある方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。