ボルティアはちみつ:蜂みつ美術館

 生はちみつの情報

  • お花の名前:ボルティア
  • はちみつの種類:単花蜜
  • 採蜜地:ロシアのシベリア
  • 販売元会社名:蜂みつ美術館

生はちみつの外観

真正面からみたとき icon-arrow-down

後ろからみたとき 

上からみたとき 

スプーンですくったとき icon-arrow-down

生はちみつのテイスティング

テイスティング時期:12月中旬、常温

見た目

  • 色:明るい ★ ★ ★ ★ ☆ 暗い
  • 結晶化:あり
  • 状態:いろいろなものが混在している。

香り

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 香りの種類:薬草、ほのかに動物臭。

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 味の種類:花粉、薬草、動物的。
  • 甘味:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 酸味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 塩味:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 苦味:弱 ★ ★ ☆ ☆ ☆ 強
  • 味の持続性:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 後味:もわっと動物的。

舌ざわり

  • 状態:やわらかい ★ ★ ☆ ☆ ☆ かたい
  • 結晶の粒子:細かい ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 粗い
  • 結晶の特徴:やわらかい、ざらざら。

食べた感想

見た目の色は、黄色とオレンジと茶色の色をしています。これは、いろいろなものが混ざっているためです。12月中旬で寒いこともあり、常温保存で、結晶化していました。

香りの強さは強めで、薬草の香りと、ほのかに動物臭のような香りがします。

味は、口に入れた瞬間は、花粉と薬草のような味がして、途中から、動物的な味がやってくる感じです。甘味は普通、酸味は強めで、塩味は普通、苦味は少なめに感じました。後味は、もわっとした動物的な味が残ります。

スプーンですくったときのかたさは、やや、やわらかめです。結晶化していますが、結晶の粒子が細かいため、舌ざわりは、やわらかいざらざらです。ただ、いろいろなものが混ざっているため、つぶつぶ感もあります。

危険・警告 (!) 結晶化した生はちみつは、湯煎して温めることで、もとのトロトロ状態に戻ります。
soon 結晶化した生はちみつはどうすればいい?栄養を壊さない湯煎の方法

こちらのボルティアはちみつは、蜂の毒、花粉、蜜蝋、プロポリス、ロイヤルゼリー、雄蜂の他に、20種類以上のアミノ酸やたんぱく質を含んでいます。これらのものが混在している生はちみつは珍しく、また、栄養が豊富に含まれているため、「甘くておいしいはちみつ」という位置付けではなく、「健康や美容のサポート役」という位置付けにするといいかもしれません。

健康のサポートとして、また、アンチエイジングの手助けとして、ご興味のある方には、おすすめです。

生はちみつのフェイスパック

こちらの生はちみつでは、まだ、フェイスパックを試していません。今後、試してみましたら、その効果などについて、みなさまに、また、ご報告しますね。

この生はちみつは、どこで買えるの?

ご紹介した、ボルティアはちみつは、今のところ、アマゾンさんでの取り扱いがあるようです。興味のある方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。