タタールニックはちみつ:蜂みつ美術館

 生はちみつの情報

  • お花の名前:タタールニック
  • はちみつの種類:単花蜜
  • 採蜜地:ロシアのシベリア西部
  • 販売元会社名:蜂みつ美術館

生はちみつの外観

真正面からみたとき icon-arrow-down

後ろからみたとき 

上からみたとき 

スプーンですくったとき icon-arrow-down

生はちみつのテイスティング

テイスティング時期:12月中旬、常温

見た目

  • 色:明るい ★ ★ ★ ★ ★ 暗い
  • 結晶化:あり
  • 状態:白い所と、茶色の所のマーブリング状態。上表面に泡がある。

香り

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ★ ★ 強
  • 香りの種類:動物臭

  • 香りの強さ:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 味の種類:動物的
  • 甘味:弱 ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 強
  • 酸味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 塩味:弱 ★ ★ ★ ★ ☆ 強
  • 苦味:弱 ★ ★ ★ ☆ ☆ 強
  • 味の持続性:弱 ★ ★ ★ ★ ★ 強
  • 後味:もわっとした苦さ、動物的。

舌ざわり

  • 状態:やわらかい ★ ★ ★ ★ ☆ かたい
  • 結晶の粒子:細かい ★ ☆ ☆ ☆ ☆ 粗い
  • 結晶の特徴:丸みがある。

食べた感想

見た目の色は、コーヒーの色をしています。12月中旬で寒いこともあり、常温保存で、結晶化していました。上表面に、白い細かい泡がありました。

香りの強さは強めで、牛小屋のような動物臭の香りがします。もっというと、動物園で、動物に近付いたときにする香りがします。動物的な生はちみつがあると聞いていた私ですが、本当に、動物的で、びっくりしました。

味は、香りと同様の動物的な味がします。甘味は弱く、酸味と塩味は強め、苦味は普通に感じます。後味は、もわっとした苦さと、動物的な味が残ります。最高に、クセのある味のはちみつです。もし、おすすめするとしたら、好奇心旺盛なチャレンジャーの方向け、といった感じでしょうか。

スプーンですくったときのかたさは、やや、かためです。結晶化してはいますが、結晶の粒子が細かいため、丸みのある舌ざわりです。

危険・警告 (!) 結晶化した生はちみつは、湯煎して温めることで、もとのトロトロ状態に戻ります。
soon 結晶化した生はちみつはどうすればいい?栄養を壊さない湯煎の方法

生はちみつのフェイスパック

こちらの生はちみつでは、まだ、フェイスパックを試していません。今後、試してみましたら、その効果などについて、みなさまに、また、ご報告しますね。

この生はちみつは、どこで買えるの?

ご紹介した、タタールニックはちみつは、今のところ、アマゾンさんでの取り扱いがあるようです。興味のある方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。